カテゴリ:中村好文さん( 16 )

望月通陽さんのトート

c0128375_17375952.jpg



















衝動買いしてしまいました。ランチ2日分くらいのお値段なのでお買い得。
現場用おでかけバッグにします。










-




[PR]
by shibamune_house | 2017-08-02 17:48 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

RESTAURANT RUSTIQUE

c0128375_16353935.jpg


少し前に京田辺まで行ってきました。
なかなか目的がないと行けない場所ですが目的の途中でちょっとランチをしてきました。
あいにくの土砂降りの雨で外の写真は一枚もなしですが、しっかりと味わってきました。

出来れば駅から歩いて行きたかったのですが京田辺駅からタクシーです。
少し走ると田園風景の中に見なれた黒い建物が現れました。
一度も行ったことのない建物に「見なれた」とは変ですがなんだかそのくらい自然な感じで。

お店の入口の扉は望月通陽さんのブロンズのハンドルがついています。(カワイイ)
扉を開けると物腰の柔らかそうなシェフと奥さまが迎えてくれました。
旬の素材を生かしたお料理はどれも美味しくて(ボキャブラリーがなくてすいません。)
感動でした。

10席ある客席は全て予約で埋まっていて、お客さんは誕生日のお祝いで来ているようでした。
特別な日にちょっと贅沢するのはいいですよね。

帰り際、シェフと好文先生の話しを少ししました。
お酒好きの先生だからきっと窓際でワイングラスを傾けながら長居しているのでしょうね。
僕も少しワインを飲んでほろ酔いです。

望月通陽さんデザインのペーパーランチョンマットがとても可愛くてお持ち帰りしました。
子供たちが大きくなったら家族で訪れてみたいです。


RESTAURANT RUSTIQUE



c0128375_1723849.jpg


c0128375_1723217.jpg


c0128375_1723406.jpg


c0128375_17245100.jpg


c0128375_17241838.jpg


c0128375_17243069.jpg


c0128375_17244394.jpg

[PR]
by shibamune_house | 2014-10-22 17:37 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

玉石混淆 ぎょくせきこんこう

c0128375_20371194.jpg


金沢21世紀美術館前のモノトヒトでは中村好文さんの期間限定のお店「好文堂」の商い中です。
このショップのディレクターでガラス作家の辻和美さんが建築家の仕事について実に的を得た、
ウンウン ソウダネと納得してしまう文章をお書きになっています。

建築家に家づくりを頼もうと思っている方はご一読ください。


モノトヒト
[PR]
by shibamune_house | 2014-05-20 20:37 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

暮らしを旅する

c0128375_9622.jpg


毎日新聞の日曜版に好文先生が三谷龍二さんと隔週ごとに連載していたエッセイが本になりました。
たまたま毎日新聞をとっていたのでこの連載はリアルタイムで読んでいたのですが最初の頃は見逃していたので本の発売を待ち遠しく思っていました。

1時間もあればゆっくりと読める内容なので読んでみてはいかがですか。
軽妙な語り口で綴られているので建築に詳しくない人ても楽しいと思います。
あとがきの文章には可笑しくて思わず吹きだしてしまいました。
望月通陽さんの装丁はいままでの先生の本には無いデザインでとても新鮮です。

願わくば、先生と三谷さんとのダブルネームで出して欲しかった・・・かな。
[PR]
by shibamune_house | 2013-12-17 09:23 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

CAFE ENTOTSU

c0128375_17242767.jpg


車を替えました。
ついにファミリーカーのワンボックスになってしまいましたがいいところもあります。
フラットシートになるので車中泊ができるのです。
狭いですが、2泊くらいならいけそうです。

ということで鴻巣を夕方出発してショッピングモールで買い物と夕食を済ませ、日付が変わる頃に小布施に着きました。道の駅に車を泊めて車中泊です。
静岡にお目当ての美術館があったのですが月曜休館なので急遽予定変更し信州行きに決まりました。
宿をとらないので自由度大です。

念願のENTOTSUにも来れました。
ファミリーカー さまさまです。

c0128375_17404637.jpg


椅子の座面はミナ ペルホネンのファブリック。カワイイです。

c0128375_17415361.jpg


ENTOTSUの看板は円と凸になってます。




小布施堂 CAFE ENTOTSU
改修設計:中村好文
[PR]
by shibamune_house | 2013-10-28 23:23 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

続・高揚感さめやらぬ夜

c0128375_15175324.jpg


3年振りに好文先生を囲んでの同窓会がおこなわれ、参加してきました。
それぞれの近況や設計塾での思い出に花が咲き、ギャラリー間での個展のエピソードなども伺えて素晴らしいひと時でした。
皆、今夜の思い出を持ち帰り明日への糧にしていくのだと思います。
先生にはいつもチカラをもらっています。本当に凄いです。

ギャラリー間で放映されていた HanemHut のメイキングVTRの中で、小屋とはという問いかけに対し
「精神のすみかとしての品格を備えていること」とおっしゃっていました。
深いけれど僕の住宅設計もそうありたいといつも強く思う次第です。
[PR]
by shibamune_house | 2013-08-12 15:17 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

雨の日に、タカラモノ 届く

雨の水曜日、宅急便のトラックがアトリエ下の駐車スペースに止まった。
いつものようにカタログかな・・・と階段を下りて宅急便のお兄さんに挨拶。

なにやら大きなダンボールを抱えている。

なんだろう?

差し出し人を見て

ハッとした。

ついに来たのだ。

2月に頼んですっかり忘れていた。
いやいや、忘れてなんかいない。
不意に来たので驚いただけだ。

----------------------------

椅子を新調するのはアトリエ開設いらい約6年半振りのこと。

カワイイです。
ペーパーコードがまだ固めだけど座りゴコチいいです。
だんだん馴染んでくるのだろうなー。
お化粧はしないので、まずは珈琲でも飲もう。

よーし、モチベーション上がってきたぞ!
仕事だー。


c0128375_14294299.jpg



POWDER STOOL
素材:メープル、座面ペーパーコード
デザイン:中村 好文
製作:横山浩司
[PR]
by shibamune_house | 2013-06-26 14:33 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

伊丹十三

c0128375_23504464.jpg


少し前になりますが松山にある伊丹十三記念館に行ってきました。

八重洲を21:00頃出発して松山駅に着いたのは翌朝の9:00頃。
うつらうつらと熟睡はできなかったのでかなり眠いですが伊丹記念館に会える喜びでなんとか持ちこたえていました。
夜行バスってけっこういいですね。
何よりも運賃が安い。最安で6000円台からありますが流石に窮屈そうなのでやめました。
時間も昼間の移動ではないので慣れてしまえば結構有効に使えるかもです。


松山駅についてから伊予鉄道に乗り換えていよ立花で下車、国道33号線沿いを歩くこと15分程、川沿いに伊丹記念館が現れました。
あぁやっと会えたね。感慨ひとしおです。
オープンより早く着いてしまったので外を一通り眺め、焼き杉の外壁を観察しました。
内部の展示、部屋へ入るドアはフロストガラスになっていて一部が透明ガラスになっています。
その透明ガラスの向こうに監督がお出迎え。にくい演出。
イタミストの先生らしい細やかで知り尽くした展示内容にただ感心するばかりでした。

中庭でしばらく余韻に浸りながらベンチに座りちょうど芽吹いてきた桂の木を眺めました。
ベンチはあのPERCH BENCHのスチール版といったプロポーションでやはり綺麗です。

ぼくはイタミストではないですがたんぽぽとかマルサの女とか大好きです。
たんぽぽに出演していた安岡力也(ホタテマン)さんは行田の出身なのでより身近に感じます。
映画の撮影中に監督が描いた出演者の似顔絵も飾られていましたが味があって素晴らしかったです。

伊丹十三記念館、住宅のスケールを感じさせる素晴らしい建築でした。

次回、四国に行くチャンスがあれば松村正恒さんの日土小学校、見たいです。


c0128375_2351961.jpg


c0128375_23512274.jpg


c0128375_23513832.jpg

[PR]
by shibamune_house | 2013-05-14 23:52 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

お話し会 無事に終わりました。

c0128375_208259.jpg


c0128375_208833.jpg


c0128375_208402.jpg


当日は生憎の雨でしたが約70名の方々がお見えになりました。
本当にすばらしい一夜でした。

好文先生、本当にありがとうございました。
ご来場いただいた皆さまありがとうございました。

懇親会の席でなぜ普通の住宅なのですか?と質問したところこんなお言葉をいただきました。
建築家 吉田哲郎氏の言葉だそうです。

「ひとをびっくりさせるような建築もおもしろいかもしれない。しかしそんなものは、ほんとうの天才でなければできるわけのものでもないし、またそんなものは、そうたくさんある必要もあるまい。柄でもないのにうっかりそんなまねをして失敗すると多くの人々に迷惑をかけずばすむまい。」

この言葉のように建築に対して謙虚に誠実でありたいものです。

6日から始まったオープンアトリエ、19日の好文先生のお話し会と怒涛の11月でした。
明日から、かねこ建築製作所は通常営業に戻ります。
溜まっていた仕事のツケが・・・汗
[PR]
by shibamune_house | 2011-11-20 20:10 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)

中村好文さんのお話し会 いよいよ明日。

c0128375_22131131.jpg


中村好文さんのお話し会「足袋の街で普通の暮らしを語る」
いよいよ明日に迫りました。

先生の著書、普通の住宅、普通の別荘という本は作品集という仰々しいものではなく
施主と建築家とが二人三脚となってつくりあげた住宅の暖かなやりとりの記録だと
思います。雨宮さんの写真もいい。
本当にいい本です。
会場で手にとってみてください。

お話し会にご参加の皆さま明日はお気をつけてお越しください。
[PR]
by shibamune_house | 2011-11-18 22:23 | 中村好文さん | Trackback | Comments(0)


 


by shibamune_house

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
オープンハウス
NPO

路上観察
作業日誌
芝棟の家
建築

手仕事

日々
グルメ
ボサノバライブ
竹のアート
キャンドルナイト
二月堂の家
忍町の路地
イエコト
ぴあのdeシネマ
建築家の道具
Cafe
アンティーク
オープン・アトリエ
中村好文さん
大屋根の家
Nova Museum
ALOUETTEの家
Nova Select
さきたまの家
杉板のOmoya
南羽生の家
ハウスキーピング
家具
養蜂
十字窓の家
未分類

お気に入りブログ

シロイヌ屋
ブラッドベリがゆく
日本住宅教室 Weblog
Birne
harutsumi
ジャズを聴く犬

外部リンク

以前の記事

2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
more...

最新のコメント

こちらこそありがとうござ..
by shibamune_house at 10:15
ご連絡ありがとうございま..
by shibamune_house at 14:21
ご無沙汰しています。北本..
by 梅田 at 20:46
本当にお久しぶりです。お..
by shibamune_house at 16:57
未熟ものです。 いろい..
by shibamune_house at 08:28
ふふふふ。 ついにですか。
by norux at 09:50
川越を散歩しながらちょっ..
by shibamune_house at 08:46
旧鏡山酒造跡地でやるので..
by norux at 15:21
tobaccochoco..
by shibamune_house at 08:49
こんにちは☆ キャンド..
by tobaccochocolate at 14:30

関連ホームページ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

画像一覧