カテゴリ:旅( 16 )

滋賀の旅 予告編

c0128375_2015380.jpg


お盆過ぎてから滋賀へ旅に出ます。

メインの用事の傍らいろいろ見に行きたいところがあります。
藤森先生LOVEの僕にとっては、ラコリーナ近江八幡は外せません。

とりあえずお盆は仕事の日々です。
自宅の杉板ペンキ塗りは「かねこ塗装店」の直営工事になっていて
遅れると棟梁のカミナリが落ちてしまいます。
がんばります。


ラコリーナ近江八幡
[PR]
by shibamune_house | 2015-08-03 20:16 | | Trackback | Comments(0)

瑞浪芸術館

c0128375_20115653.jpg


旅の最終目的地、瑞浪芸術館です。
このあと温泉に入り帰路につきました。

瑞浪芸術館
[PR]
by shibamune_house | 2011-08-09 21:11 | | Trackback | Comments(0)

多治見の町

c0128375_2033234.jpg


c0128375_2035686.jpg


多治見はギャルリももぐさ以外特に調べてはいなかったのですが翌日オリベストリートという通りを散策しました。
焼き物を扱うお店が何軒か軒を連ねていて骨董屋さんなどもあり趣のある町でした。
[PR]
by shibamune_house | 2011-08-08 21:02 | | Trackback | Comments(0)

ギャルリ百草

ギャルリ百草(ももぐさ)へは一度行ってみたいと思っていました。
今回の旅の途中で立ち寄ることができました。

鬱蒼と茂る木々に囲われるようにギャラリーももぐさはあります。
アプローチの凛とした佇まいはすばらしいです。
お店の部分は古民家でカフェの部分が一部増築されています。
カフェでは彫刻家、前川秀樹さんの犬がこちらをジーっと見ています。
お店の裏側がお住まいとアトリエで設計はコウブン先生です。

安藤雅信さんの器だけではなくお仲間の錚々たるクラフト作家さんの作品が常設で展示してありました。
想像通りすばらしいところでした。

c0128375_1956934.jpg


c0128375_195930100.jpg


c0128375_19562842.jpg


c0128375_19564210.jpg


c0128375_19571868.jpg

[PR]
by shibamune_house | 2011-08-05 19:08 | | Trackback | Comments(0)

郡上八幡

c0128375_1255134.jpg


山間の町というのは何故かホッとします。
宿泊した旅館の番頭さんが言っていました。
「何も特別なことがある町ではないけどまた来てみたくなる町なんですよね。郡上踊りの華やかさもいいけれど踊りが終わった静かな秋もまたいいんですよ。」

あちこちから聞こえる水の音、本流の長良川と支流の吉田川が合流するこの町は鮎の町です。
写真の水のこみちは情緒のある佇まいでした。
郷愁とか懐かしさという言葉がこの町には似合います。
落ち鮎の季節に訪れてもいいかもしれませんね。
[PR]
by shibamune_house | 2011-08-04 17:58 | | Trackback | Comments(1)

INAXライブミュージアム

c0128375_18344240.jpg


c0128375_18345742.jpg


常滑には初めて訪れました。
知多半島の海岸沿いは製陶所の古い甍の街並みが続いています。
路地に入ると土管や古いカメをリユースした塀や路地敷きに出会えます。

常滑が発祥の地というINAXに寄ってみました。
ライブミュージアムではモザイクタイルを使って額などをつくる体験工房や泥団子の体験教室などあり子供連れで訪れてもいろいろと楽しめます。

ミュージアム施設の一つ、土どろんこ館では土の色の微妙に異なるサンプルなども展示されていて土に関するリソースも豊富です。

古い窯跡をそのまま展示空間にした資料館ではトイレの歴史や古い染付けの和式トイレなどが目を引きました。

INAXライブミュージアム
[PR]
by shibamune_house | 2011-08-02 18:35 | | Trackback | Comments(0)

ねむの木こども美術館

c0128375_22554581.jpg


c0128375_22561183.jpg


c0128375_2256262.jpg


東名高速掛川ICを降り市内へ入り県道373号線、県道81号線を辿ってゆくとねむの木村の標識が見えてくる。
稲穂が出始めた田圃道を通り山道へと進む。
木々の間から赤い瓦屋根の可愛らしい建物が見えてきたらそこがねむの木村。
さらに山道を奥へと進むとポッコリとした屋根が見えてきた。

おおっー、ついに来ましたねむの木こども美術館(通称どんぐり)へ。
山の起伏を利用したその建物は受付の1階からも展示室の2階からもアクセスすることができる。
藤森先生の素材の使い方はいつも新しい発見あり。
エントランスの扉の表情のなんと豊かなことか。
ナラの板にナグリ加工仕上げとは・・・流石

展示作品のねむの木学園の子供たちの絵も素晴らしかった。

ねむの木学園
[PR]
by shibamune_house | 2011-08-01 23:14 | | Trackback | Comments(0)

夏の旅

c0128375_20404018.jpg


明日から夏休みをとり旅にでます。

まずは藤森先生のねむの木こども美術館から見学。
この建物は屋根に芝棟がのっています。
芝棟愛好家の僕にとっては外せない建築なのです。

いろんな建築、いろんな風景を見て体験して充電してきたいと思います。
[PR]
by shibamune_house | 2011-07-26 20:44 | | Trackback | Comments(0)

後ろ姿

c0128375_233335.jpg



母と子

早朝の海ほたるにて
[PR]
by shibamune_house | 2011-06-09 23:06 | | Trackback | Comments(0)

かねこ建築製作所 秋の研修旅行

週末にかねこ建築製作所の研修旅行があり、越後妻有まで行ってきました。
ETCを車載してから2度目の旅になります。
アナウンスのあとゲートが開く瞬間とか、ETCってなかなか良いですね。

うぶすなの家には11時頃到着しました。
山奥の人里はなれた地にこれほど人を集めるチカラがあるとは、さすが大地の芸術祭です。
お昼ごはんも40分待ちで大盛況。
行田にこれほど混んでいる店はありません。

二日間、自然とアートを楽しんできました。
いろいろなヒントももらってきました。
引き出しにしまっておいていつか生かせればと思います。


c0128375_18562579.jpg

[PR]
by shibamune_house | 2009-09-07 18:56 | | Trackback | Comments(0)


 


by shibamune_house

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オープンハウス
NPO

路上観察
作業日誌
芝棟の家
建築

手仕事

日々
グルメ
ボサノバライブ
竹のアート
キャンドルナイト
二月堂の家
忍町の路地
イエコト
ぴあのdeシネマ
建築家の道具
Cafe
アンティーク
オープン・アトリエ
中村好文さん
大屋根の家
Nova Museum
ALOUETTEの家
Nova Select
さきたまの家
杉板のOmoya
南羽生の家
ハウスキーピング
家具
養蜂
十字窓の家
未分類

お気に入りブログ

【すまいと】 建築家発 ...
シロイヌ屋
ブラッドベリがゆく
日本住宅教室 Weblog
Birne
harutsumi
ジャズを聴く犬

外部リンク

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新のコメント

こちらこそありがとうござ..
by shibamune_house at 10:15
ご連絡ありがとうございま..
by shibamune_house at 14:21
ご無沙汰しています。北本..
by 梅田 at 20:46
本当にお久しぶりです。お..
by shibamune_house at 16:57
未熟ものです。 いろい..
by shibamune_house at 08:28
ふふふふ。 ついにですか。
by norux at 09:50
川越を散歩しながらちょっ..
by shibamune_house at 08:46
旧鏡山酒造跡地でやるので..
by norux at 15:21
tobaccochoco..
by shibamune_house at 08:49
こんにちは☆ キャンド..
by tobaccochocolate at 14:30

関連ホームページ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

画像一覧